20190426_1
 
非暴力と平和主義を掲げるメノナイトのクリスチャンで、米ノートルダム大学(クロック国際平和研究所国際平和構築学)名誉教授のジョン・ポール・レデラック氏(63)が18日、第36回庭野平和賞に決まった。
賞状と顕彰メダル、賞金2000万円が贈られる。贈呈式は5月8日、国際文化会館(東京都港区)で、レデラック氏による記念講演も行われる。(略)
 
24点に及ぶ著書は十数カ国語に翻訳され、日本でも『敵対から共生へ―平和づくりの実践ガイド』(ヨベル、2010年)が刊行されている。
20190426_2
 
レデラック氏は今回の受賞について、「私たちの愛する地球家族が、憎しみ、分裂、そして排除を超えて、本当の癒やしをもたらす絆(きずな)を創(つく)るための大きな励ましを与えてくださいます」と言葉を寄せている。
 
クリスチャンプレス紹介記事
https://www.christianpress.jp/36th-niwano-peace-prize-john-paul-lederach/
 
庭野平和財団