キリスト教に特化した自費出版,クリスマス用品,OEM(ノベルティ)の制作会社 東京都文京区
ヨベル出版の本に寄せられた書評の数々!

書評

信仰を揺るぎないものにする説教 評:櫛田節夫

キリスト教とはなにか?-ヨハネ書簡に徹して聴く-山口勝政 著 書評:櫛田節夫氏(西日本宣教学院教師、高松コミュニティチャーチ教師) 真正な聖書観に立つ牧師によって、強い確信と深い慰めを与えてくれる、何と見事な講解説教が生 …

2014_what

2015年『キリスト教学』57号掲載 評:小林和夫氏  

川上 直哉 著 『被ばく地フクシマに立って――現場から、世界から』 書評:小林和夫(KOBAYASHI Kazuo)氏  (2015年現在、立教大学大学院キリスト教学研究科キリスト教学専攻博士課程後期課程) ソフトカバー …

2015_03_01

さまざまな保育の現場で すぐに使いこなすことができるようにと工夫されている 評:深井 智朗

鈴木明子:作詞/作曲 奥田なつ子:絵 喜多ゆり:楽譜浄書 うたであそぼう あそびうた50 (B5判・112頁・本体1500円+税)   深井 智朗(ふかいともあき:日本の宗教学者、ドイツ思想史の研究者、東洋英和 …

20160810

あなたの食卓に置いて日々家族で御言葉に親しむ生活に役立てましょう。評:藤原孝行

評:藤原孝行(ふじわら・たかゆき=日本福音キリスト教会連合 西甲府教会牧師) 輝け、あなたの誕生日! 私の聖書歳時記366日田中光三〔著〕  結論から言いますと、この本はご自分の家族や友人の誕生日、そしてクリスマスや正月 …

20161205

“服従”が“思考停止”となるとき〜評:工藤信夫

評:工藤信夫(くどう・のぶお=平安女学院大学名誉教授、精神科医、医学博士) アルノ・グリューン著 村椿嘉信訳『従順という心の病い―私たちはすでに従順になっている』 〝従順〟が良しとされる文化と、信仰の世界に再考を迫る、す …

20161024

オルガン奏者の真実な証しの力と、慰めと励ましに富んだ証し〜臼田尚樹

福地多惠子著 主の奇跡と守り —わたしの信仰の歩み—(四六判・八八頁・本体七〇〇円+税) 評者:臼田尚樹 (うすだ・なおき=日本福音基督教団 成城キリスト教会牧師、「主の奇跡と守り」刊行会代表)  成城キリスト教会の創立 …

20161014_01

聖書を「神の物語」と捕らえ、私共の人生の四季折々に介入してくださる御方として紹介!工藤信夫氏

大頭眞一著 『聖書はさらに物語る 一年12回で聖書を読む本』 工藤信夫(くどう のぶお)氏(精神科医・平安女学院名誉教授)    出版業界の不況・不振が伝えられる中、キリスト教界の出版がいつ途切れるのだろうかと …

2014_021802-e1425200292942

聖書を一続きの物語として捕らえ、一貫する世界観を提示!〜正木牧人氏

大頭眞一著聖書は物語る一年12回で聖書を読む本  正木牧人(まさき・まきと)氏(神戸ルーテル神学校校長)  大頭眞一氏の「聖書は物語る:一年12回で聖書を読む本」はヨベル社から2013年11月に出版されたA5判一一二ペー …

201403

《翻訳者のことば》グリューン著『従順という心の病い』を翻訳して〜村椿嘉信

スイスの心理学者アルノ・グリューン(1923―2015年)の『従順という心の病い』(原題『従順に抗して』2014年)を翻訳し、グリューンの『私は戦争のない世界を望む』と同じ出版社から出版した。彼は、その後、『テロリズムに …

arno-gruen_177729

なぜこれほどに民は従順なのか?〜富田正樹氏

アルノ・グリューン著 村椿嘉信訳『従順という心の病い―私たちはすでに従順になっている』  なぜ自由競争において敗北させられている貧困者ほど、貧困者を抑圧するような新自由主義的な政策を掲げる政治家に票を入れるのか。  なぜ …

20161024
« 1 5 6 7 8 »
  • facebook

ブックレビュー

PAGETOP
©YOBEL,INC all rights reserved