これぞ「聴聞力」。 「聴聞学」という信徒神学の誕生!

加速器(荷電粒子を加速する装置)の建造世界ではその名を知られた著者がこれまでの歩みを集約する形でまとめた「説教聴聞録」 説教がどのようにつくられているのかは牧師の書斎の出来事で、秘められたもので語られてこなかったのですが、著者は牧師の語る説教を追体験するかのように、その日から翌日のうちに原典釈義や瞑想を通してB5判用紙1枚にまとめて、翌週に教会で配布する作業を続け、1200回を越えるまでになっています。

説教聴聞録_表1広告-小「この『聴聞録』は『説教要旨』ではなく、あくまで『わたしはこう聞いた』という『わたくしの信仰告白』・『聴聞録』なのです」と語る著者のこれまでの聴聞録の一端を集成。

 

著者: 門叶国泰
価格:1080円(税込)
判型:新書/ 301 頁
ISBN: 978-4-907486-24-2
発売年月:2015年8月1日
ご購入はこちら