20180306人はどのようにして変わるのか
ティモシー・S.レイン ポール・デーヴィッド・トリップ共著 
田口美保子訳
A5変型判美装・408頁
本体1,000円+税
ISBN978-4-907486-70-9 C0016
東京バプテスト教会(TBC):発行

 

 

 

書 評  
2018年6月号「本のひろば」

本書は神の言葉に従うことで、いかに人々の生き方が変わるかということを教えてくれます。この本は心理学の本ではなく、神学の本です。しかしながら、悔い改めの教えと神への信頼が、いかに私たちの人生を意味深いものに変える上で実践的で有効かということを教えてくれます。この本に記されている悔い改めと神への信頼は、これまで教会が何世紀にも渡り語り続けて来た事柄でもあります。現在TBCが推奨しているビブリカル・カウンセリングの根底にある思想を知るための、重要な入門書です。

Youtube:訳者紹介動画

 

アマゾンブックレビューからAmazon Book Reviews

・その年に読んだ本の中で一番良い本だと思いました。クリスチャンが生きていく中でどう変わっていくことが出来るのかが書かれている本です。私にはまだまだ聖化が必要なのだと思わせてくれた本はこの本以外にそんなにありません。 ・試練に遭遇しているクリスチャン全員にぜひこの本を読んでいただきたいです。読む方の人生を変え、罪深い行動に関して貴重な気付きを与えてくれます。 ・著者2人は自分自身の失敗をオープンに話し、その失敗に2人がそれぞれがどう取り組んできたか、または取り組む時にどう失敗したか等を本の中で語っており、それが特に読者の助けとなります。

 

・一番心に残ったのは、外側が問題なのではなく常に内側から問題が来ているということです。……同時にそうして内側の特定の問題がわかるからこそ私がどの罪に今取り組まなければならないかがわかり、その部分で自分がどのようにもっと変わっていけるかがわかります。 ・神様に自分の心をみてもらい、自分の行動をコントロールしている自分の心に存在する偶像を教えてほしいと願っているクリスチャン全てにこの本をお勧めします。 ・この本は御言葉中心に書かれており、人生の色々な大切なことにその内容を適応出来るように御言葉の説明があります。私たちはこの本を使ってグループでバイブルスタディをしています。

 

・この本は、もしもその内容を適応すれば、人生の経験を変えることが出来るような本です。この本は、聖書が心をどうとらえているのか、心の一時的ではない永続的な変化を試練の中でどう体験出来るのかが例と共に説明され、それに聖書の裏付けがなされています。

主な目次紹介
序文 / 謝辞
第1章 福音のギャップ    
第2章 偽りの希望
第3章 神があなたを連れて行こうとしているところ
第4章 キリストと結婚している
第5章 変化は共同体としてのプロジェクトである
第6章 全体像
第7章 熱 1 ― 現実の世界での神
第8章 熱 2 ― 現実の世界でのあなた
第9章 とげ 1 ― 何があなたをもつれさせるのか?
第10章 とげ 2 ― なぜあなたはもつれてしまうのか?
第11章 十字架 1 ― 新しいアイデンティティと新しい可能性
第12章 十字架 2 ― 十字架と日々の生活
第13章 実 1 ― 本当の心の変化
第14章 実 2 ― 新しい、そして驚くべき実 第15章 ある夫婦の物語
第16章 ある教会の物語 注 / 聖書の索引