201809_002赤江弘之 
聖書信仰に基づく教会形成 西大寺キリスト教会の歩みを一例として
 
新書判・208頁・1,000円+税
ISBN978-4-907486-80-8 C0216
 
 
 
岡山、赤穂線、西大寺……。
御国建設の槌音はここに響いて。

教会存亡の危機の中、与えられた1,000人教会の幻とその後の驚くべき成長。聖書を字義通りに解釈し、愚直なまでに聖書に忠実な教会づくりに心血を注いだ50年の牧師人生を通して語る「恵みの終活」。

私が西大寺教会に着任した当時のことです。一番古くから教会に仕えておられた中心的信徒から、「若い先生をお迎えして、2~3年してこれからというときに先生は都会の大きな教会に招かれて行かれます。わたしの祈りは、立派な先生でなくていいから、船と一緒に沈んでくれる船長が欲しいのです」と聞かされました。西大寺弁でしたが、その切なる思いが伝わってきました。思わず家内と目で語り合いながらその信徒に言いました。「わたしたちでよかったら、船と一緒に沈んでもいいですよ。」(本文より)
 
主な目次
西大寺教会物語

第一部 聖書信仰の理念
Ⅰ 聖書の権威について
信仰基準/聖書は究極の権威
Ⅱ 聖書の解釈について
聖書を字義通りに解釈すること、ほか

第二部 聖書に基づく教会形成について

Ⅰ 聖書の教会観について  
教会─聖なるいのちの共同体、ほか
Ⅱ 聖書に基づく教会の理念・目的・ビジョン
私たちの牧会理念/私たちの宣教理念/キリスト教教育の本質/ローザンヌ宣教運動と西大寺キリスト教会、ほか
Ⅲ 聖書信仰と教理と説教による教会形成
教会の土台/聖書信仰に立つ組織神学〈教義学〉
Ⅳ 聖書に根ざす伝道論と実践
伝道とは何か/伝道の本質/伝道と教会/伝道の方法/伝道に伴う神の約束/アンデレ伝道、ほか
Ⅴ 聖書に基づく教会開拓
14回シンポジウム/地方伝道と神の国/世界宣教を目指す拠点伝道/教会開拓を始めたきっかけと理由/教会開拓の原則/教会開拓の経過、ほか
Ⅵ 聖書的な交わりのある教会形成
教会の交わり/コイノニア基礎講座

第三部 私の教会形成の足跡

Ⅰ 開拓と自立─長屋の教会(20人礼拝)から取り組んできたこと
小規模教会での牧会伝道/小規模教会から中規模教会を目指す歩み/むすび
Ⅱ 『会堂建設から中規模教会到達まで』
新しい弟子訓練/教育伝道プロジェクトの始まりと、施設の充実/教会成長研修所への招き/宣教の広がり、ほか
Ⅲ グローリア礼拝堂(500人会堂)の建設
1000人が集う教会ビジョン
建設のための祈り パート1〜4
Ⅳ 聖書的な牧師像を求めて
神の慰め/先輩牧師の後輩に対する慰め、ほか
Ⅴ 『牧師の霊性と教会形成』
人が主に向くなら/福音のしもべ/土の器の中にある宝/イエスの死をこの身に帯びて/主イエスの復活の命に生きる/神の永遠の栄光のビジョンに生きる、ほか
 
著者略歴:
1943年兵庫県生まれ。1972年から日本同盟基督教団西大寺キリスト教会主任牧師。
現在附属サムエル幼児園園長、サムエル国際キリスト教学園理事長、NPO法人あい愛理事長、東京キリスト教学園理事、バイブル・アンド・クリエーション・ディレクター。
主な著書に「永遠への道」、「神の御手に抱かれて」、「神の川に水満ちたり」、「いつ聖霊を受けるのか」がある。